「かに」のブランド名には、その土地の名前が…。

「かに」の銘柄名には、水揚げされた土地の名前がつけられていますが、高級トップ銘柄「かに」と言えば「松葉かに」が有名ですよね。

「松葉かに」が取れる土地は、鳥取、島根、丹後半島沖の京都、兵庫あたりです。

「松葉かに」は、「ズワイガニ」のことですが、オスを「松葉かに」、メスを「せこ蟹」と呼ぶそうです。

丹後半島沖で獲れる「ズワイガニ」は生きたまま水揚げされることが全国的に高い評価を得ている理由だそうです。

ブランド品の靴やバックと同じで、銘柄の「松葉ガニ」のコピーも多いそうです。

気を付けて購入しないとダメですよね。

たいがいの人はブランド名に弱いですから。

「松葉ガニ」とくれば、「越前かに」が思い浮かびますが、福井の港で獲れる「かに」で皇室に献上されるほどの高級な「かに」だそうです。

1,500年代の安土桃山時代には「越前かに」は水揚げされていたそうですが、明治時代に入ると皇室に献上されていたので、別名”献上ガニ”とも呼ばれています。

その他の銘柄{かに」として京都北部の間人港(たいざこう)で獲れるズワイガニの「間人かに(たいざかに)」、兵庫県北部にある津居山港で獲れるズワイガニ「津居山かに」、石川県の漁港で獲れる「加納かに」があります。

訳ありで激安のカニ通販おすすめショップはここ!※訳あり激安カニ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です